650円の幸せ。

チャーシューはこんがり焼いてあってトロトロ♪

近所のラーメン屋 塩ラーメン650円。極シンプルな塩ラーメン。「どんな風においしい?」って聞かれても曖昧にしか答えられない。でもなんか好き。何度食べてもおいしいと思える。暖かい味がする。家族でやっている20席満たない小さなお店だけど、店主のおじさんが生き生きと動いてる。

某有名店で暖簾わけしてもらったラーメン屋も近くにあるけど、また食べたいとは思わない。凝ってるなぁおいしいなぁ、そりゃ1200円とらなきゃ元取れないんだろうなぁ~なんて関心しきりだけど、暖かい気持ちにはならない。650円おじさんのラーメンは、「お腹がすいたらお食べ」って感じがする。風邪をひいていても食べられる(実際食べた)。「いらっしゃい」「ありがとね」650円おじさんは今日も動いてる。首に白いタオルを巻いて動いてる。たまに奥さんに怒られてるけど、お客さんの食べる姿をニコニコ見ている。いいなぁ650円おじさん。寒くなってきたから、風邪ひかないで頑張れ。
未だにGABANを魔法の粉だと言って聞かない店主。「卵」も「玉子」と書く。




拍手&コメントはこちら
拍手とは?返信はこちら
[2008/11/25 (火) ] 日記