「猫鳴り」

だんだん硬くなる。

↓タイトルに目がついて読んだ「猫鳴り」切ないです。動物ものの本(活字も漫画も映画も)って苦手なんだけど、この本は嫌じゃないです。前半の、方向性の見えなさが好き。ラストの方は「モン」という猫が死に向かう過程を濃密に書かれているので、苦手な人は注意。沼田さんの、他のも読んでみよう♪

猫や犬の死には何度も立ち会ったけど、「あ~~そうなんだよなぁ。死ぬ時ってこうなんだ」って思いだして苦しくなっちゃいます。(そう思いながら本を閉じれない魅力のある本だった)

猫鳴り  「猫鳴り」  (2007/08) 沼田 まほかる



拍手&コメントはこちら
拍手とは?返信はこちら
[2008/05/19 (月) ] その他みた(本など)