「100万回生きたねこ」とうちのドラ猫

百万回生きたねこ


近所の本屋さんで見かけて、懐かしくてパラパラと読みました。
うっ。
じわーと涙が。
これは買わねばならない。

子供の頃読んだ時は正直それほど感動しなかったのですが
(娘にも読んだ気がしますが娘もあまり反応しなかった)
大人になって読んでみるとまた違いますね。
家で改めて読んでみると、やっぱり涙が…。

前半、ねこを失って泣いた人間達の涙と
後半しろねこを失って泣いたねこの涙が
リンクするのが好きです。
皆泣くんですよね。
泣いて、泣いて。

悲しくて泣くって、すごくシンプルな感情表現だと
思うので好きです。





拍手&コメントはこちら
拍手とは?返信はこちら
[2017/04/17 (月) ] 良いもの。